読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N-BLOG [FantaSEAmo #2]

音楽とか、ディズニーとか、何でもないのとか。楽しいことが大好きです。

回想録『清 竜人25』第四章 ~ご懐妊、新妻、6人のWIFE~

色々あって久々の更新となりました。前回はこんな事書いてました。


翌2015年2月に2nd Single『A・B・Cじゃグッと来ない!!』のリリースが決定した清 竜人25、積極的に外へ出ていきます。

アイドルユニットとしてはデビュー直後という扱いになるものの、そこは清 竜人のプロジェクトならでは。様々な色のイベントに呼ばれるようになります。

 

発売はシングル1枚のみという状態で、COUNTDOWN JAPAN 14/15にも出演。

この年のCDJは以前から名前が出ている友人Yと行っており、友人はこのステージを見に行きました。自分は真裏のGALAXYで東京カランコロンを見ておりました。

 

 

そして年明け2015年1月30日。異色の対バンイベント『abura derabu』出演です。

 

当時、自分の中にバンアパ旋風が巻き起こっており、CDJで見て、このイベントで見て、FEVERワンマンにも行ってました。

この日のイベントはバンアパ→竜人→イノウの順番。ちょっと意外。でも最後に観たイノウがフロアがトランス状態になっていくのを肌で感じて、踊って、中々衝撃的でした。残念ながら昨年活動休止を発表し、生で見たのはこの時のみとなりました。

 

本題に戻って、この時の25の感想をツイートから。

 

 

 

 

25の1曲目はほぼ『ラブ・ボクシング』から。この日もお決まりで。

ABCは発売前だったにもかかわらず、MVがYouTubeで公開済みだったからか、ファンの盛り上がりは十分。

しかしイントロ部分で夫人が騎馬を組んで上に清竜人が乗るという振り付け?があり、それを真似てリフト(2人組騎馬みたいなもの)が大量発生。

ほぼヲタはステージ前に陣取っていて、そこに壁が出来るもんだから、ステージが見えなくなるわけです。傍から見ていて面白いってのもありますけど、やっぱ邪魔だなーと思ってしまう自分がいたり。ももクロしか他にアイドルライブに行かないので、地下の抗体が出来てないだけかもしれません(笑)

 

そしてライブ終演後の友人とのLINEのやり取りがこちら。

 

自分:竜人相変わらずラブボクシングでクネクネしまくるし、Call Me Babyで大暴走するし面白かった。前のイノウファン女子二人が竜人みて爆笑してた

友人:ひどい かっこいいやろ!

自分:惚れるか笑うかなら後者やろ

   初見一曲目でラブボクシングのクネクネ見せられる身にもなってみよ

友人:あとラップクネクネか

自分:てかほんとラップやりまくりだよな

友人:なんでだろうね

   今までやってなかったのに

自分:あとWillYouの竜人ラップを一部きゃのんがマイク向けられて、しかも歌えてた

友人:やるな

   暗転移動きれいだった?

自分:MCからのABCがグッダグダだった

友人:毎回じゃねえか笑

自分:「では、私達の1枚目のシングル、ABCじゃグッと来ない…あっ、2枚目のシングル!はい!……です!」

友人:なつき?

自分:いや、さきの

 恐らくCall Me Babyは振付の中での、夫人達へのセクハラでしょう。デビュー直後はやはりぎこちなさがあったものの、徐々に竜人のセクハラへの対処法を夫人達も身に付けていきます(少なくともアイドルに求められるスキルではない)。

Will You~では曲最後に誰が竜人にお姫様抱っこされるかが注目されがちですが、この時はラップ振りとかあったんですね。他のイベントでは見たことないかも。

そしてMCのgdgdさです。これは今もそんなに変わらないかもしれませんが…苦笑

 

後々、ワンマンツアーやイベントでO-EASTは多用される箱になりました。

先日行われた清竜人の新プロジェクト『TOWN』でも初ライブの会場に選ばれていましたね。

やや横長で奥行きが無い割には段差があって見やすい。音も良い部類に入る。渋谷でアクセスも良い。今度のツアーも行きたかったなぁ。

 

 

2nd Singleを無事発売し、続けざまに5月には3rd Single『Mr.PLAY BOY...♡』も発売決定。

しかしここで、清 竜人25に衝撃的ニュースが。

第5夫人、清 菜月の脱退。公式的には「ご懐妊で活動休止」。ごかいにん、ご解任。

本人のTwitterが一度休止された後、少し期間を置いて短い時間、本人が鍵状態で色々な暴露ツイートをしていたようです。以前に別のアイドルグループをやっていた彼女、夫人の中では唯一のアイドル経験者という事もあり、色々と「アイドル」と「プロジェクト」のギャップで不満が募っていたようです。まぁ仕方ない。

活動休止後の他のメンバーの反応も、意外と味気ない感じだったので、グループ的にはそこまで打撃があった感じではなかったのかもしれません。

 

まぁそんな活動休止発表直後の発売、購入したわけですが…

この引き運、良いのか悪いのか…。

 

そしてネット番組にて、新たなメンバー、第7夫人の清 優華が発表されました。

今までの25にはいなかった雰囲気のメンバーの登場でビックリ。普通は菜月の代わりという事で、似た路線の子を探すのかなと思いきや。

しかし今になってみれば、まさにベストチョイスだった!!

個人的には、1~6の最初の形よりも、菜月の代わりに優華が入ってからの方が、「清 竜人25が目指していたハーレム感」があるように感じます。竜人のモチベーションも優華によって再び上がり、結果として3年続くプロジェクトにまでなったと思っています(笑)

 

そしてこの頃から、1st Albumという言葉がちらつくようになります。

ーー「天上天下唯我独尊」のアレンジはTom-H@ckさん。「絶望」という歌詞も出てくるし、清 竜人25の他の曲と世界観が大きく異なります。ライヴで初披露されたときから大好きなんですが、この楽曲が生まれた経緯は?

竜人 : 古い曲なんです。ストックがなくなってきたんで、数合わせで強引に清 竜人25用にしました

ーーファースト・アルバムの全貌は見えてきましたか?

竜人 : だいたいは。ライヴ曲もあるし、10曲以上は今月から来月にかけて書こうかなと思います。

 とは言いつつも、相変わらずの作曲ペース。

必要に迫られたらガンガン書き上げるスタイルは25でも健在。結局アルバム用新曲は4曲が収録されました。あとの曲はどれに当たるんだろうか…?

 

 

因みに『Mr. PLAY BOY...♡』発売記念及び清 竜人のバースデー企画で行われたハーレムフェスタ Vol.4。

映像で菜月が竜人とツーショットで登場、『第5夫人 清 菜月 ご解任!!』『清家に新たな生命が宿り新たなストーリーが始まる・・・・』、その後何の説明も無く、Mr. PLAY BOY...♡を披露。真相を聞くのは野暮だってことか。でも何かしらあると思ってライブに行った菜月ファンはいただろうなぁ。

この日のセトリは、持ち曲をひたすらやりました、そう、『鬼の目にもナミダ』以外…

 

 

今回はこの辺で。次回、『人生初、アイドルと囲みチェキを撮る!!!』 

 

 

~おまけ~

本人が気に入らないという理由でひたすらセトリから外されていた『鬼の目にもナミダ』、無事ラストコンサートでは全曲披露するとのことで陽の目を見ないまま解散ということにはならずに済みそうです。

そして4月15日には2nd Albumにして、25最後の作品『WIFE』がリリース決定!

 

~おまけの追記~

そして清 竜人25、最後のMUSIC VIDEOにして、『WIFE』のリード曲『愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡』のMVがYouTubeにて解禁されましたー!!!ひゅー!!!

いや、サムネが凄いことになっている…

タイトル直球どスケベ!!!でも楽曲は裏切らないハッピー感満載、最後はフィナーレらしく仕上がってます。

愛はどこまでも一途…アイラブユーは届かない…3年間のラブラブはまだ終わらないって事ですかね。。。解散さみしー!