読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N-BLOG [FantaSEAmo #2]

音楽とか、ディズニーとか、何でもないのとか。楽しいことが大好きです。

回想録『清 竜人25』第一章 ~Will You Marry Me?~

(この記事は前回からの続きです)


 

 

自分が「清 竜人」という音楽家を知ったのは、2010年~2011年頃。

頻繁にCDを貸し借りしていた友人Yから教えてもらったのがきっかけ。

確か『WORLD』を貸してもらい、当時アニメを部内で見ている人も多かったので、堀江由衣に提供した『インモラリスト』も会話には出てきていた。

 

 

ある日、テレビで「EMI ROCKS 2012」が放送されていて、東京事変ストレイテナー等、元から好きだったアーティストに並んで、清 竜人も出演していた。

 

のであったが。

 

そう、竜人作品が好きな人で知らない人はいないであろう、ライブ事件。

4枚目のアルバム『MUSIC』発売前の、完全ゲリラ的に発表された、ミュージカル仕立てのライブである。

 

ロックフェスという自分のファン以外が大勢で、恐らく「痛いよ」辺りを目当てにステージを見つめる16000人の観客を前に、既出路線完全放棄・セトリは未発表3曲のみ・セリフばかりで楽器無しのステージを見せた。

 

自分が清 竜人のライブ映像を見たのはこれが初めてだったので、もう何が何だかわからなかった。確か母親と「この男ヤベェ」と言いながら見ていた。

特に過去作を聞き込んではいなかったので、これにより自分の中では【清 竜人=ヤバイ人】という方程式が出来上がってしまった。

 

 

ここで友人Yの話を挟むと、アニメ好きでもあった彼は当然のように『MUSIC』も購入し、完全口パクの再現ショー『清 竜人 MUSIC SHOW』も購入し、色々と内容が問題だったライブ限定となった作品『KIYOSHI RYUJIN』も、東京公演のチケットが取れなかったからと、行けもしない地方公演のチケットを抑え、CDのみ手に入れたのであった。

そのくらい清 竜人が好きな友人だ。

 

 

その後、『WORK』を発売し、友人Y「次は何やるんかな~、バンド形式でやる気がするわ」とか話していた頃。

遂にこのプロジェクトが立ち上がったのである。

 

 

清 竜人 | Audition

 

アイドルでキター!!!!

 

 

再び初期3作の方向性に戻ってきたのかと思えば、再びご乱心である。

キービジュアルは既に6人になっているものの、やはり「25人も従えるの?!」とか思ってしまった。そしたら「モーニング娘。14」的な、清 竜人25歳で結成、でした。

 

 

ここからは、友人Yとの当時のLINEと共に振り返っていきたいと思います。

非常に生々しい&生意気&読みづらいなどあろうかと思いますが、予めご了承ください…

 

6月13日(金) 22:35

自分:アイドルユニット『清 竜人25』始動wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwクッソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

友人:なんぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwぐぐる

自分:応募してこいよwww

友人:ヒント:女

自分:竜人ならいける

友人:人集まんのか??

自分:知らねwww

   とりあえず"アイドル"ユニットになるかは保証しかねる

友人:また口パクなのかな

自分:MUSICって口パクなの?

友人:そだよん

自分:マジか

   それは知らなかった

友人:シンガーソングライターなんだよなあ

 

 

 

そしてオーディションが行われ、遂に公の場に登場した「清 竜人25」。


 

そして2014年11月12日に1st Single『Will♡You♡Marry♡Me?』のリリースが決定

♡が多い。

そして10月17日。ライブ以外で、初めてその楽曲と世界観がドロップされた。

 


1. 画面の圧倒的ハーレム感

2. 画面から溢れる幸福感

3. そして何なんだこの楽曲の良さは…!!

 

 

このMVによって、私は清 竜人25に堕ちてしまったのでした。

自分にとって、アイドルはももクロと嵐しか知らないみたいな状況で、ももクロを知ったのも2012年からなので既に人気沸騰中。

 

と言っても、Will You~の頃は、このグループの事をアイドルとは見ていなかったと思います。清 竜人の新プロジェクトであり、あくまでも"清 竜人とゆかいな仲間たち"。

ただ見た事もない世界観と、ファンタジー感と、やはりどこか引っ掛かる"何か"に惹かれたのでしょう。

 

 

そして私は、CD発売前に「清 竜人25」のライブの世界へ足を踏み入れることになります。

続きはまた次回。短めですがご了承下さいまし。

 

 

 

【続き】回想録『清 竜人25』第二章 ~お前とラブ♡ボクシング~