読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N-BLOG [FantaSEAmo #2]

音楽とか、ディズニーとか、何でもないのとか。楽しいことが大好きです。

ストレイテナー 『Behind The Tokyo』

音楽(レビュー)

ストレイテナー

Live Album

『Behind The Tokyo』

f:id:nugoclo:20151001235025j:plain

 

レビューとまでいかない、商品紹介第三弾。

 

最新アルバム『Behind The Tokyo』のツアーから、追加公演となった豊洲PIT 2Daysから35曲が収録された、ストレイテナー初のライブアルバム。

アルバムの楽曲は勿論、これまでのバンド史の中から、代表曲やライブ定番曲が収録されており、ベスト盤としても聴くことが出来る。

 

ストレイテナーは2013年に初のベスト盤をリリースしており、10周年盤ではファン投票によって構成された日本武道館公演の模様がフル収録された、CD+2DVDという『完全盤』が発売されている。

代表曲はCDで、DVDはファン投票による「裏ベスト」的な楽曲が映像付きで味わえ、ストレイテナーを知るには十分すぎる内容だった。

ただ唯一の欠点があるとすれば、「CDは当時のリマスターだが、演奏や音源としての完成度にばらつきがある」という点である。

 

 

そこで満を持して『Behind The Tokyo』の登場である。

最新の4人のストレイテナーによって演奏された、テナーの良さが最も出るライブでの音源が詰まっている。

ライブでのアレンジがされた楽曲も多く、3人時代の『KILLER TUNE』や『BERSERKER TUNE』は、現行のライブアレンジの方で知っているリスナーも多いのではないだろうか。

 

 

4人となり、各々の演奏やバンドとしての音が太く、強くなったのは勿論、ボーカル・ホリエアツシの歌声が最新の状態で、過去の楽曲も聴けるのも非常に大きい。

メンバーが武道館後の作品で、『ようやく理想のレコーディングの音でCDを作ることが出来た』と話す通り、一度ライブで聴いてしまうと、音源では物足りない部分がどうしてもある楽曲も存在した。

ライブアルバムとしてリリースしたことにより、iPodWalkmanに入れれば、家でDVDを再生しなくてもストレイテナーのライブ音源が聴けてしまうのだ。

ストレイテナーの演奏は、ライブでは“ノリ”が更に付いて、バンドの音としての魅力が音源の倍以上の良さになる。

 

 

1曲目からライブの始まりで徐々に熱を上げていく『KILLER TUNE』、テナーのグルーヴと切なさもある美メロが気持ちいい『DONKEY BOOGIE DODO』、ファンからの支持が高い、透き通ったミディアムナンバー『彩雲』、コーラスやクラップで大箱でのスケール感が味わえる『The World Record』、最新のエモ『The Place Has No Name』、金字塔『ROCKSTEADY』等、ハイライト盛り沢山。

 

盛り上がる曲のグルーヴと鋭さは勿論なのですが、ミディアムナンバーの温かさと透明感はライブだとより映えます。

 

↓Disc 1のダイジェスト



↓Disc 2のダイジェスト



 

そんな訳で、既存のファンにとっては勿論マストなアイテムであるが、初心者がストレイテナーを知るのにまずオススメしたい1枚(2枚組)、としても十分である。

35曲収録されているので、このアルバム+2015年リリースのシングルを聴けば、これからのストレイテナーのライブに参加してもかなり楽しめるはず。

 

是非このライブアルバムでストレイテナーに触れて、最も刺激的でテナーの良さが味わえるライブに遊びに来てください!

因みにストレイテナーのライブは、メンバーがダイブを禁止していて、(思ったより年齢層も低めではないので)ライブ初心者でも安心して楽しめますよ!派手なモッシュやサークルに苦手意識がある自分が大好きなライブなので保証します!笑

 

 

因みに初回盤はスリーブケース+オールカラー40Pブックレット付。

通常盤は確認していませんが、歌詞の掲載はありません。

 

f:id:nugoclo:20151001234935j:plain

 

既にレンタルも開始していると思うので、是非「ストレイテナー、ちょっと気になるな~」なんて人は手に取ってみてください。

 

Behind The Tokyo(初回限定盤)

Behind The Tokyo(初回限定盤)

 

 

 

 

~オマケ~

11月11日にはNEW SINGLE『DAY TO DAY』が発売になります。

今回はCD+DVDの1種類のみ、DVDには長崎の野外フェス「Sky Jamboree 2015」でのライブ全編+ドキュメンタリーが収録されます。

1月に行われる、ストレイテナー初のBillboard公演『STRAIGHDINNER』の先行予約シリアル付。

 

CDの収録楽曲はこのように紹介されています。

4月リリースのシングル「The Place Has No Name」、7月リリースのシングル「NO ~命の跡に咲いた花~」に続くこのシングルは、“2015年エモーショナル3部作”の最終章。ヘヴィなリズムとシーケンサーが重なったオルタナティブなイントロから一変、突き抜けた美メロと心象風景的リリックが聴けるパートへ展開し、ストレイテナーらしいハードかつポップな楽曲に仕上がっている。

11月ツアーのタイトルにもなっている、カップリング曲の「FREE ROAD」は、前2作のシングルと同じく“隠れ名曲”。3拍子のおおらかなリズムを中心に据え、メロディアスなアルペジオギターと哀愁漂うメロディが印象的な、バンドにとって新機軸とも言える楽曲だ。

 

この先にアルバムとかが待っている気もします…

まずは、CD+DVDで盛り沢山なこのシングルで待ちましょう。

それでは。

DAY TO DAY(DVD付)

DAY TO DAY(DVD付)